飢えた上司は笑顔を見せない

「餃子」に関して、どう感じる?「スープカレー」って、みんなにはどう思われているのかな?べつに考察するわけじゃないんだけどね。
ホームボタン

どしゃ降りの祝日の深夜にカクテルを

とある大きな内容の仕事がやってきたとき「まあ、なんとかなる」と考えていた新入社員の頃。
その時、自分を含む新米のみんなが「過ぎればどうってことないよ」などと楽観的に取り組んでいた。
そこで教育担当の上司が発したセリフが脳裏に残っている。
「達成に向かって頑張って日々を過ごしたからこそ、過ぎてしまえば成功するだけの話。
なので、あなたたちみたいに簡単にとらえていて、偶然事が簡単だったという意味は含まれていません。
終わってしまえばなんてことないといった本当の意味は、それとは逆です。
甘く見ずにしっかり学び準備を進めたからこそ力が有り余って、仕事がスムーズに進んだと言う事実を表しています。
しっかり取り組む気になりましたか?
甘く見ないで真剣に取り組んでください。」
との事。
そして、メンバーは頑張って勉強しじゅうぶん仕事をすることができた。

無我夢中で跳ねる友達とわたし
ここ最近、おなかのぜい肉を減らさないとと思い毎晩、筋トレを頑張っている。
自分の娘を私のお腹にしがみつかせて一から声を出し数えながら筋トレをしたら、わが子との遊びにもなるし、わが子も数字を習得するし、俺の脂肪も減少するし、一粒で二度おいしいことだとばかり思っていたら、始めは、楽しんでいた2歳の娘もだれたのか、しなくなってしまった。

寒い平日の午後にこっそりと

オフィスで働いていたころ、仕事を退職するチャンスが持てなかった。
絶対退職したかったわけではないから。
もう余裕がないのかもしれない。
なぜか、その時、はっきりと辞めさせてくださいと報告した。
こんな日に限って、いつもは少しばかりまじめだと思っていたKさんが、声をかけてきてくれた。
話しているうちに、話したこともない事情を知る余地もないKさんが「この仕事、大変だけど、だけどあなたはあと少し頑張れるよ。」といった。
Kさんに助けられて、胸が痛くなった。
私は、その日の帰りに、採用担当に辞職を撤回してもらった。

気分良く踊る彼女と横殴りの雪
憧れているモスクワに、いつかは行きたいという夢を抱いている。
英語の学習に挫折しそうになった時、ロシア語を学んでみようかと思い立ったことがある。
結局、立ち読みしたロシア語基礎のテキストを見て一瞬にして英語にもどった。
動詞活用形が突き抜けてややこしかったのと、発音の巻き舌。
観光客としてズブロッカとロシア料理を楽しみに行こうと思う。

気どりながら歌うあの子と突風

私は、マンションで個人で出来るような業務をして、忙しい時期など声がかかると外に仕事に出る。
たった、ひと月に何回が、非常に面倒くさく感じてしまう。
いっそ辞めてしまおうなど。
一日が始まれば頑張るけれど、大勢の社員に囲まれて、団体で仕事を行うのは難しい。
と、友人に持ちかけると、気持ちは理解できるよ、などクスクス笑っていた。

自信を持って吠える子供と草原
歌舞伎町の夜の女性を見ると、プロ意識が高いなと思う。
というのは、キメキメの外見、会話、それらに対する努力。
お客さんに全て勘違いをしてもらわないで、仕事だと理解してもらいながら、太客になってもらう。
たまに、もしかしてコイツ、僕に惚れているのかな?など思ってもらう。
バランスのとり方が、どんな職業よりも、絶妙だ。
それよりも、私はナンバー入りのホステスさんたちの収入が非常に知りたい。

雨が降る平日の昼にこっそりと

山梨はフルーツ王国と言われるくらい、フルーツの栽培が盛んだ。
日本で珍しい内陸県で南アルプスなどの山に囲まれている。
ということから、漁業もできなければ、稲作もまったく盛んではない。
なので、甲斐を治めていた殿様、柳沢吉がフルーツ生産を推進したのだ。
江戸よりも優れた名産が欲しかったんだと思う。
大きな盆地の、水はけの良さと、山国ならではの昼夜の温度の差は立派な果物を生み出す。

そよ風の吹く火曜の深夜は焼酎を
近くに海があるところに私たち家族は、住んでいるので、高潮を親族が気をもんでくれている。
特に大地震後は、海からどれくらい隔たっているのかとか小山は近辺にあるのかとか問いかけてくる。
俺も不安だけど、しかし、あっさりと引っ越し先も見つかるわけではない。
だけど、しかし、現実に高潮がくるとなった折に避難する経路を思い定めていないとと考える、だけど、しかし、湾沿いしか道がないので、ちゃんと想定してみたら危険だとわかった。

無我夢中で泳ぐ彼と壊れた自動販売機

このところ、長編小説を読みあさるのはわずかになったが、以前に北方さんの水滸伝に心を奪われていた。
過去の水滸伝を見た時は、かったるくて、心酔しなかったが、北方謙三さんの水滸伝を読みとおしたときは、はまって、読むのが止まらなかった。
会社の仕事のなか休みや家に帰ってからの食事中、入浴中でも精読して、1日一冊ずつ読破していた。
登場人物が血が通っていて、雄々しい登場人物がたいそう多く、そういったところに熱中していた。

泣きながら吠える友人と失くしたストラップ
元ブラビのビビアン・スーは、綺麗で素敵な女性だ。
年齢が30代の終わりなんて、思えない。
昔見た番組で、脳裏に焼き付いているのが、ビビアンが、アメリカ人からのインタビューに返答していた部分。
まだまだ学び始めたばかりらしかったけど、非常に努力が見られた。
今では英語はもちろん日本語だって、しっかりペラペラなんだろうなーと思う。
ビビアン・スーの素敵さは目を見張る位だ。

お役立ちリンク&関連リンクです。


引っ越し業者の料金を比較する
一人暮らしの引越し、安く済ませたいならココ。無料一括見積比較で、複数の引越し会社さんの金額を比較しよう。
▲ Page Top

Copyright (C) 2015 飢えた上司は笑顔を見せない All Rights Reserved.